スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーロピアンが520日の火星へのミッションのシミュレーションに参加する

 2人のヨーロピアン(ヨーロパ人)を含む6人の宇宙飛行士はすぐに惑星間宇宙機と火星着陸機と火星の地表を模したモックアップでのシミュレーションを開始する。本当の火星旅行と同じだけ長く続く"Mars500"実験は人間の忍耐への究極の挑戦となるだろう。
 



 4人の選ばれしヨーロピアンは、ベルギー人のJerome Clevers さんとフランス人の Arc’hanmael Gaillard さんと Romain Charles さん、 コロンビア系イタリア人の Diego Urbina さんである。彼らは2月末にモスクワでロシアのIBMPの宇宙飛行士たちと共同でミッションをこなした。今回の"Mars500"実験ではこの4人のうち2人が選ばれるだろう。この世界初の火星への完全なシミュレーションはモスクワのIBMPの特別な実験室で来年夏ごろに開始する。
 
 "Mars500"の名称は、在来の推進剤を用いた未来の有人火星ミッションが「火星まで250日で到達し、30日間火星に滞在し、240日で帰還する」という全体で520日を要するミッションであることに由来する。
 
 科学技術的な問題を別にすれば、火星への長期ミッションへの大きな問題点は人間的な要素である。つまり、どのようにして人間が、閉鎖的な環境で、同じ顔ばかり見ながら、定常的なストレスにさらされ、しかも地球の家族や友人と離れ離れになった状態で、最低でも1年半もの宇宙飛行を精神的・肉体的に耐えうるように、最高の準備が出来るかという問題である。
 

出典

[出典元];ESA
記事; 2010/3/12 ESA presents European participants in 520-day simulated mission to Mars

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 宇宙 - ジャンル: ニュース

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。