スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学問のために寝る

 504時間。ティム・ヒルヒナーは、どれだけ長い時間「少しの暇つぶしの品とベッドの上で過ごすことができるか」の正確な測定のために苦労した。




 504時間もの間、彼はケルンにあるDLRの航空宇宙医学研究所のベットに頭を足よりも低くして、一秒たりとも起き上がることも許されずに横たわっていた。枕元にある小さな机の手の届くところに、その504時間に耐えた27歳の青年は窓のない部屋での退屈しのぎの品を置いた。退屈しのぎの品は、彼のゲーム機、スタッキング、新聞、ルービックキューブそして外界とEメールでつながるためのノートパソコンである。

 「一瞬ほとんど我が家にいるような気分になるよ。」その生徒はもちろん最初の2時間寝たままで、その学問を勉強することから始めた。「2時間も時間が過ぎているなんて知りませんでした。」・・・(続く)。




出典

[出典元];DLR
記事;Liegen im Dienste der Wissenschaft

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 宇宙 - ジャンル: ニュース

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。