スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CERN物理学者をテロ容疑で逮捕

 フランスである男がアルカイダ関連の集団との接触を図った容疑のために逮捕された。男はヨーロッパ核研究センター”CERN”で働いている物理学者。当局は、逮捕者はテロ目的に使用されうるいかなる物とも関係がない、と発表した。




 その物理学者はジュネーブに位置するヨーロッパ核研究センター(通称”CERN”)で長年働く傍ら、北アフリカの過激派グループの一派”アルカイダ”との関係を持っていたようだ。

 フランスの捜査当局はその男を逮捕し、CERNに確認した。その男はLHC(大型ハドロンコライダー)の解析プロジェクトに参加。容疑者はCERNの正規社員ではなく、他の研究機関でも働いていた。

 「彼の仕事はテロに利用されうるものとは一切関係がありません。」と後述の者は言った。CERNの研究者は軍事上利用のための何の根拠も提供しなかった。

 そのアルジェリア人は2003年からCERNで働いており、彼は木曜日に彼の兄弟とともにフランス南東部でアルカイダと接触した容疑で逮捕された。フランスの司法当局の発表によれば、当局は現時点ではまだ計画された陰謀の指示をつかめていない。



出典

ドイツ新聞;WELT ONLINE
記事;Cern-Physiker wegen Terrorverdachts verhaftet

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 海外ニュース - ジャンル: ニュース

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。