スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NASAツアー体験レポート 4 - Houston Space Center 2

SATURN Ⅴ


(NASAによる解説原文)
NATIONAL HISTORIC MECHANICAL ENGINEERING LANDMARK
SATURN V ROCKET 1967-1973

The largest rocket built at the time of the historical first missions to the moon, the SATURN V carried aloft the 45-ton APOLLO spacecraft on earth orbital and lunar missions from 1967 to 1972. It also launched the 120-ton SKYLAB into earth orbit on May 14, 1973.

Design and fabrication of the SATURN V were carried out by a government/industry team which included the National Aeronautics and Space Administration, the Boeing company, North American Rockwell, McDonnell Douglas corporation, International Business Machines, and their sub-contractors. Many of the design features were outgrowths of the earlier development work accomplished by Military Service Organizations and their contractors.


THE AMERICAN SOCIETY OF MECHANICAL ENGINEERS-1980


(拙訳)
我が国の機械工学における歴史的建造物
サターンV型ロケット(1967-1973)

世界最大のロケットは歴史上初の月飛行計画の際に作られた。サターンV型ロケットは1962年~1972年にかけて、総重量45トンのアポロ宇宙船を搭地球周回軌道と月面ミッションに運んだ。また、このロケットは1973年には総重量120トンのSKYLABを地球周回軌道に打ち上げた。

サターンV型ロケットの設計と製造は官民合同のチームで実行された。この中にはNASA、ボーイング社、ノースアメリカン・ロックウェル社、マクドネル・ダグラス社、IBMとそれらの下請け会社が含まれていた。設計上の特徴の多くはMilitary Service Organizationsとその契約企業による初期開発から派生したものであった。

米国機械学会(1980)



P3260227.jpg


全体像(大きすぎて、写真に収まらない!)
P3260229.jpg


Appolo Comand Module
P3260230.jpg


Service Module(灰色部分)とLunar Module(白い部分)
P3260234.jpg


第三段S-IVB
P3260241.jpg


第二段S-II
P3260246.jpg


第一段S-IC
P3260251.jpg
P3260253.jpg


---------------------------------------------------------------------


the Space Vehicle Mock-up Facility

Space Schuttle mock-up
P3260275.jpg

ISS module mock-up
P3260279.jpg

Canadarm(?)
P3260295.jpg

(NASAによる紹介ビデオの内容)
・これらのモックアップは宇宙飛行士のミッションサポート、宇宙飛行士のトレーニング、将来デザインなどに生かされる。
・スペースシャトルのトレーニング専用のモックアップがある
・ISSのあらゆる国のモジュールのモックアップがここにある。


---------------------------------------------------------------------

Sonny Carter Training Facility


正面
P3260327.jpg
P3260304.jpg

記者会見セット
P3260325.jpg

見学コース入口
P3260326.jpg

Welcome to NBL!(JAXAのトレーニングプールよりにはこんな横断幕はなかった)
P3260309.jpg

リアルタイム画像(なんと、ちょうどトレーニング中でした!)
P3260311.jpg

国際宇宙ステーション(ISS)に出資している国の国旗
P3260314.jpg

星条旗だけはちゃっかり大き目!
P3260323.jpg


---------------------------------------------------------------------

その他

Johnson Space Center で購入したHotdog、ソーセージの大きさが尋常ではない。
P3260328.jpg

米国宇宙飛行士が宇宙に滞在中に掲げられる星条旗
P3260270.jpg


Ares Ⅰ(右)とAres Ⅱ(左)
P3260334.jpg

(NASAによる解説原文)
Ares Ⅰ

Ares Ⅰ is built on cutting-edge launch technologies, evolved powerful Apollo and space shuttle propulsion elements, and decades of NASA spaceflight experience. Ares Ⅰ is the essential core of a safe, reliable, cost-effective space transportation system – one that will carry crewed missions back to the Moon, on to Mars and out into the solar system.



Ares Ⅴ

Ares V can lift heavy structures and hardware to orbit or fire its engines for trans-lunar injection, a trajectory designed to intersect with Moon. Such lift capabilies will enable NASA to carry a variety of robust science and exploration payloads to space and could possibly take future crews to Mars and beyond. The first crewed lunar excursion is scheduled to occur by 2020.



(拙訳)
アレスⅠ

アレスⅠは最先端の打ち上げ技術と、進化した強力なアポロとスペースシャトルの推進機構、そして数十年間のNASAの宇宙飛行の経験のもとに建造された。アレスⅠは安全で信頼性があり経済的な宇宙輸送システムの中核を担っている。このアレスⅠは有人の月・火星・太陽系外へのミッションで運用される。



アレスⅤ

アレスⅤは重い構造物やハードウエアを軌道上に上げたり、TLI(月周回軌道投入マヌーバの一種(?))や「月と交差するような軌道」に投入するための推力を提供したりする。そんな軌道投入力はNASAに様々な「ロバスト性向上の研究」や「ペイロードの検討」を可能にするだろうし、未来の宇宙飛行士を火星やその先へと連れていくことを可能にしうるだろう。最初の有人月宇宙飛行は2020年に予定されている。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 海外旅行 - ジャンル: 旅行

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。