スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ISSがスペースXのドラゴンを捕獲

スペース・ステーションのカナダーム(カナダ産のロボットアームをカナダームという)が日本時間の5月26日未明に捕獲したドラゴン・カプセルをゆっくりと停泊位置へ移動している。


---------


スポンサーサイト

テーマ: 宇宙 - ジャンル: 日記

SPACE XのDragonが打ち上げられました!!

SPACE XのDragonが打ち上げられました。新しい宇宙時代の到来になるんでしょうか?





See inside SpaceX's private Dragon space capsule and Falcon 9 rockets in this SPACE.com infographic.
Source SPACE.com: All about our solar system, outer space and exploration

アウェイロケット!500名以上の学生は、米航空宇宙局(NASA)の学生ロケットプロジェクト·チャレンジに参加


特別に作られたロケットは、2011-12年4月22日に米航空宇宙局(NASA)の学生ロケットプロジェクトで打ち上げられた。28州の53の中学校、高校、大学を代表する500名以上の学生は、アラバマ州のトニーブラッグ農場で科学的あるいは工学的なペイロードをつんだ独自に作り上げたロケットを打ち上げた。・・・。



出典

[出典元];NASA
記事;Rockets Away! More Than 500 Students Participate in NASA Student Launch Projects Challenge

宇宙×ポッドキャスト

NASA

さすがのチャンネル数。迷ったら、とりあえず「This week @ NASA」がオススメ。ひと通りのニュースをやってくれる。



ESA

ESAも一応やってるが、チャンネル数は3つだけ。まぁ、ウィークリーニュースの「ESA Web-TV Earth from Space」が一番オーソドックスでしょう。



JAXA

まぁ、ほとんどないよね。「JAXA i マンスリートーク」がマンスリーニュースです。

しかし、一時間というボリュームの多さで、音声のみ。

しかも、2010年で放送が終了している・・・。

なんだかなぁ~。

テーマ: 宇宙 - ジャンル: 日記

スーパームーンについて

5月5日, 6日はスーパームーンでした。

NASAの発表によると、普段より14%は大きく見えたらしいです。

14%・・・よくわからん。ホントかよ?

というわけで実際に計算してみました。

スーパームーンってのは、早い話が月が近地点距離(q = 363304km)にあるために大きくみえるということ。

一方で普段の月は、地球に対し平均公転半径(r = 384400 km)の位置に見えている。

スーパームーンと普段の月の地球から見た見かけ上の大きさを比較するには、地球からみて等距離にある2つの月の写像を比較すれば良い。

最も簡単には、図のようにスーパームーンを普段の月の位置に投影して面積を比較すれば良い。

スーパームーン
模式図:
青:地球
黄色:近地点距離にある月(スーパームーン)
オレンジ:平均公転半径にある月(普通の月)


月の諸元
地球直径(D) 12756 km
月直径(d) 3474 km
平均公転半径(r) 384400 km
近地点距離 (q) 363304 km

wikipedia


この時、簡単な比の計算から、
近地点距離にある月の写像の直径 d' = d*(r-D/2)/(q-D/2) = 1839.664844 km

よって、面積は

普段の月 S = pi*(d/2)^2 = 9478715.965 km^2
スーパームーン S' = pi * (d'/2)^2 = 10632301.68 km^2

である。よって、S'/S = 112 %となる。


あれ?14% にならなかった。誤差かな?
でも、wikipedia にも「a full moon at perigee is 12% larger and brighter than an average full moon. 」と書いてあるけど。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。