スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NASAツアー体験レポート 3 - Houston Space Center

記事はまだ工事中。


Space Center Theater
P3250137.jpg




"Last" Apollo Command Mocule( dubbed "America" )
P3250152.jpg
P3250147.jpg




Timeline
P3250149.jpg




Lunar Sample ( Vistors can touch this sample. )
P3250154.jpg

これは、世界にも三つしかない「一般人が素手で触れる」月の石だ。
ちなみに三つのうち一つはKennedy Space Center にある。もちろん、これも触ってきたので、あと一つでコンプリートだ。



???
P3250158.jpg




Skylab Trainer
P3250161.jpg




Robonaut
P3250163.jpg




Space Shuttle Wind Tunnel Model
P3250169.jpg

(Houston Space Center にあった紹介文)
This wind tunnel model, a 1/20th-scale replica of the Space Shuttle Columbia, was a critical research tool in helping engineers understand how the new space plane would fly.Between November 1976 and May 1978, it was tested in six different wind tunnels, making 1,951 separate runs and accumulating 1,336 hours of research time.It was known to the engineers and aerodynamicists at "the 5%" because it is identical in shape and handling qualities to the Columbia, except that it is only 5% the size of the real orbiter.It is one of the few very high-fidelity engineering model built that allowed remote operation of the flight control surfaces.The control surfaces are the mechanical devices - like flaps and rudders on a regu?? ????e - that help steer the orbiter as it returns to Earth.On this model, the control surfaces could be remotely driven to a variety of settings without having ?o ??p the airflow in the wind tunnel, saving time and expense during the long-months of testing.Without wind tunnels, and the knowledge gained from models such as "the 5%", it would have been impossible to design and build the Space Shuttle.




Space Shuttle Main Engine (SSME)
P3250176.jpg
P3250181.jpg
P3250182.jpg

(Houston Space Center にあった紹介文)

The Space Shuttle Main Engine (SSME) is the world’s only large reusable rocket engine. Weighing-in at about 7000 pounds (3200 k), the SSME is a sophisticated, high-performance engine. Each Space Shuttle has three main engines, which along with the solid rocket boosters, provide the energy needed for the Shuttle to reach orbit.

The engines operate at the greatest temperature extremes of any machine ever built. They range from the supercold liquid hydrogen fuel at -423 F (-253 C) (the second coldest liquid on Earth) to more than 6000 F (3312C) (higher than the boiling point of iron) in the combustion chamber.

Each SSME can be used continually for 7.5 hours. They are only used 8.5 minutes during each Shuttle launch and as it climbs into orbit so that can be used on an average of over 30 Shuttle missions.

------------------------------------------------------

The Space Shuttle Main Engine (SSME) is a liquid fuel engine. It uses liquid oxygen as an oxidizer and liquid hydrogen as a fuel. These two propellants are stored in the External Tank underneath the Orbiter. The oxidizer provides the oxygen that allows the hydrogen to burn as the two propellants combine in the combustion chamber. The exhaust, which exit through the nozzles of the main engines, is water vapor. It is created as the hydrogen and oxygen combine.

1) Turbopumps that are driven by gases from preburners feed fuel into the combustion chamber.
2) Some of the liquid hydrogen is circulated around the walls of the combustion chamber to keep the engine cool at temperatures below 1110F (600C).
3) The liquid hydrogen and liquid oxygen combine and produce enough gas to thrust the Shuttle into the air.

The Shuttle accelerates to more than 25 times the speed of sound. During launch, the engines use fuel at a rate that would drain an average-sized swimming pool every 25 seconds.




OMEGA watch(The First watch worn on the Moon.)
P3250185.jpg



Over Night Program

NASAのおじさん(or おねいさん)の説明を受けつつ、4人一組のチームで火星への着陸機やらローバーやらを作るプログラム。NASAのサイトの説明によると対象年齢はGrade9-12(高校生位)らしい。

・・・・・・・・・うーん。

まぁでも、ちゃんと考えてやると奥深かったし、童心にかえって楽しむことができた。

でも、ちょっとオーバーナイトプログラムTシャツってほしかったかも。。。
もらえなかったのは若干残念。

Over Night Program - Mars Rover
P3250212.jpg
P3250213.jpg

NASAで"Over Night Program"の一環として制作した火星用ローバー。

条件は

1 Body
3-6 Wheel
1 End effector( 試料(石)の採取に用いる )

のみ。
材料はレゴブロックらしきものと、専用のモーターとコントローラーのみ。

どうせやるならできるだけ少ないモーターで、操作性のできるだけ良いものをつくろう。というコンセプトで作ってみた。
結果、二輪駆動車(モーター二つ)にアーム(モーター一つ)がついた形となった。
見てわかるようにものすごくバランスが悪いので、車体後部に錘を搭載している。
錘を搭載したことで、移動速度が落ちるかと思われたが、モーターのトルクが十分に大きかったので、問題はなかった。

制作した後で、レースを行った。火星の石に見立てた石ころを拾って、スタート地点まで戻るというもの。
4,5チームで競ったところ、2位(だったような。。。)でゴールした。


Over Night Program - Marse Lander
P3250215.jpg
P3250216.jpg

これは、火星着陸機。

身近な素材で作り、しかもすべての素材のコストが決められていて、それを考慮しながら作らなければならない。
時間は、約30分(確か。。。)。

これに卵を乗せて落下させ、割れなければ合格らしい。(←よくある!)

結果は全員合格。どのチームの卵も割れなかった。さすがアメリカ、自動車だけじゃなく卵も頑丈らしい。
スポンサーサイト

テーマ: 海外旅行 - ジャンル: 旅行

宇宙リンク集

トピックス
   理学
    LHC faces further delay
    COROT discovers smallest exoplanet yet, with a surface to walk on
   工学
    Home hit by Russian space debrisNew!
    Satellite Collision Puts Hubble at Risk
    Iran launches homegrown satellite
    チャンドラヤーン:さすがにインド語ではないよ。:
    隕石の海洋衝突で地球の生命誕生か
   その他
    宇宙就活2008
    「宇宙遊泳」2100円より、船外服着用しISSツアー

情報サイト
   sorae.jp

日本
   政府系機関
    JAXA
    宇宙開発利用推進委員会
    宇宙開発戦略本部New!
   学生団体
    UNISEC
    宇宙開発フォーラム
    日本宇宙法学生会議
   その他の団体
    世界天文年2009
   企業
      宇宙総合系
       三菱重工:ロケット
       NEC:人工衛星
      宇宙インストラクター系
       有人宇宙システム株式会社
       宇宙技術開発株式会社
       株式会社テクノソルバ
       ソラン株式会社
       株式会社 中央エンジニアリング
      宇宙教育系
       財団法人 日本宇宙少年団
      データ解析系
       宇宙システム開発株式会社
       株式会社 情報科学テクノシステム
      バイオ系
       株式会社リバネス
      宇宙機器開発系
       三菱電機特機システム株式会社
       株式会社 山之内製作所
海外
   政府系機関
    NASA ;USA
    ESA ;EU
    ISRO ;India
    KARI ;Korea
    BNSC ;UK
    CNES(English Site) ;France
    ISA ;Iran
   企業
    EADS astrium:何やってる企業なのか。。。英語がめんどくて読んでないです。。。
    SpaceX;ISSの補給機としてNASAに選ばれた"DRAGON"を開発している。

国際機関
   UNOOSA ;United Nations Office for Outer Space Affairs
   UNCOPUOS ;United Nations Committee on the Peaceful Uses of Outer Space

その他
   Space.com

テーマ: インターネットサービス - ジャンル: コンピュータ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。