スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパームーンについて

5月5日, 6日はスーパームーンでした。

NASAの発表によると、普段より14%は大きく見えたらしいです。

14%・・・よくわからん。ホントかよ?

というわけで実際に計算してみました。

スーパームーンってのは、早い話が月が近地点距離(q = 363304km)にあるために大きくみえるということ。

一方で普段の月は、地球に対し平均公転半径(r = 384400 km)の位置に見えている。

スーパームーンと普段の月の地球から見た見かけ上の大きさを比較するには、地球からみて等距離にある2つの月の写像を比較すれば良い。

最も簡単には、図のようにスーパームーンを普段の月の位置に投影して面積を比較すれば良い。

スーパームーン
模式図:
青:地球
黄色:近地点距離にある月(スーパームーン)
オレンジ:平均公転半径にある月(普通の月)


月の諸元
地球直径(D) 12756 km
月直径(d) 3474 km
平均公転半径(r) 384400 km
近地点距離 (q) 363304 km

wikipedia


この時、簡単な比の計算から、
近地点距離にある月の写像の直径 d' = d*(r-D/2)/(q-D/2) = 1839.664844 km

よって、面積は

普段の月 S = pi*(d/2)^2 = 9478715.965 km^2
スーパームーン S' = pi * (d'/2)^2 = 10632301.68 km^2

である。よって、S'/S = 112 %となる。


あれ?14% にならなかった。誤差かな?
でも、wikipedia にも「a full moon at perigee is 12% larger and brighter than an average full moon. 」と書いてあるけど。
スポンサーサイト

KEK マニアックグッズ

素粒子戦隊リニアコライダー ブルー



PA200011.jpg









スタンプラリー完走賞キーホルダー2007



PA200013.jpgPA200015.jpg









スタンプラリー完走賞キーホルダー2009



PA200016.jpgPA200017.jpg









ひょうたん



PA200019.jpg


テーマ: 科学 - ジャンル: 学問・文化・芸術

高エネルギー加速器研究機構 一般公開

★電磁石


■六極電磁石


六極電磁石 (1)











■スキュー六極電磁石(新型)


研究者の方がこの電磁石の素晴らしさを熱弁してらした。なんでも、これがルミノシティ(加速器における「効率の良さ」のようなもの・・・らしい)を格段に引き上げたとか。よくわからんがすごいなぁ。ちなみに、このスキュー六極電磁石は素粒子を加速する電磁石の補正をしている電磁石の補正をする電磁石らしい。もはや何が何だか・・・。

スキュー六極電磁石

六極電磁石 (2)



■補償二極電磁石


補償二極電磁石



■ビームの入射点


入射点



★電子陽電子入射器


■入射器


入射器のカーブの部分 (2)

入射器 (1)


★加速器リング

直線部と入射部 入口





■ビーム入射路付近


ビーム入射路




■直線部分


直線部 (1)




■アンテチェンバー付きビームダクト(新型)


KEK-Bのアップグレードのための新しいビームダクト(素粒子ビームの通路)。鍵穴のような断面をしている。真中の円形の部分をビームは通る。左右に突き出た部分は、ビームから発生する放射光(エックス線やらガンマ線やら)による熱を和らげる働きがある。

アンテチェンバー






■リング部分


KEKBリング 入射部付近


KEKBリング クラブ空洞付近




★超電導クラブ空洞


クラブ空洞 入口 (1)


クラブ空洞 入口








■超電導クラブ空洞


衝突型コライダーではビームが正面衝突せず、ルミノシティが低い原因となっていた。そこで、衝突前にビームに回転を加えて、衝突時に正面衝突させる「超電導クラブ空洞」が考案された。世界初らしい。


超電導クラブ空洞


超電導クラブ空洞 (3)













■超電導加速空洞


高調波減衰型超電導加速空洞










■Belle測定器


言わずと知れた、KEKBの測定器。ここでCP対称性の破れが確認されたわけだ。


Belle測定器 (1)


Belle測定器 (3)


物理ファン科学ファンのお楽しみイベント、高エネルギー加速器研究機構(KEK)の一般公開は年に1回8月末または9月初めの日曜日に行われる。初めて行ったのは5年前だが当時はまだ天文復帰も素粒子物理の復習もしてなかったのでBファクトリーの「B」がB中間子の意味ということすら分かっていなかった。それでも初めて見る巨大な装置群は十分好奇心を刺激してくれる大人の遊園地のような面白さがあった。今年の公開日は9月6日の日曜...
高エネルギー加速器研究機構(KEK) 2009年見学記

テーマ: 宇宙 - ジャンル: 日記

リニアコライダー

リニアコライダー普及委員会公認キャラクター

素粒子戦隊 リニアコライダー

のPV。至極まっとうな広報活動だが、申し訳ないが非常にウケル・・・。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。