スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DLRの日本の被災地の公開衛星写真

[DLRのZKI(衛星危機情報センター)による現在のマップをここで見ることができます。]




地震とその後の津波被害の後の2011/03/11に、国際災害チャータはすべての関係機関に利用可能な被災地の衛星データを作成するように指示した。その関係機関は、DLRとオーバープファッヘンホッヘン村に位置するDLR施設のZKI(衛星危機情報センター)である。

「ドイツの衛星 TerraSAR-XRapidEye の画像と、アメリカの衛星 WorldView-2 によるデータは災害の巨大な規模を顕にした」と、DLRの科学者であるStefan Voigt 氏は語る。・・・(略)・・・



出典

[出典元];DLR
記事;DLR veröffentlicht Satellitenbilder des japanischen Katastrophengebiets

スポンサーサイト

テーマ: 宇宙 - ジャンル: ニュース

クリオサット2による極ミッションの開始に成功

 南極及びグリーンランド方面の氷床を観測するヨーロッパの衛星ミッションは中央ヨーロッパ時間で8日の15時57分にスタートした。2010年4月に地球観測衛星クリオサット2はカザフスタンのバイコヌールからロシアの運搬ロケット「ドニエプル」で上空717kmの地球周回軌道に打ち上げられた。2013年まで、この衛星は南極及びグリーンランド地方及び海面の様子を調査するだろう。


出典

[出典元];DLR
記事; 2010/4/8 Polar-Mission CryoSat-2 erfolgreich gestartet

テーマ: 宇宙 - ジャンル: ニュース

学問のために寝る

 504時間。ティム・ヒルヒナーは、どれだけ長い時間「少しの暇つぶしの品とベッドの上で過ごすことができるか」の正確な測定のために苦労した。




 504時間もの間、彼はケルンにあるDLRの航空宇宙医学研究所のベットに頭を足よりも低くして、一秒たりとも起き上がることも許されずに横たわっていた。枕元にある小さな机の手の届くところに、その504時間に耐えた27歳の青年は窓のない部屋での退屈しのぎの品を置いた。退屈しのぎの品は、彼のゲーム機、スタッキング、新聞、ルービックキューブそして外界とEメールでつながるためのノートパソコンである。

 「一瞬ほとんど我が家にいるような気分になるよ。」その生徒はもちろん最初の2時間寝たままで、その学問を勉強することから始めた。「2時間も時間が過ぎているなんて知りませんでした。」・・・(続く)。




出典

[出典元];DLR
記事;Liegen im Dienste der Wissenschaft

テーマ: 宇宙 - ジャンル: ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。